トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。(和歌山県)

俳優・津川雅彦のことを

安倍首相にエールを送り続けた津川のことを

振り返る

(ピックアップ画像)

f:id:bookcafe911:20181125205057j:plain

 

f:id:bookcafe911:20181125205146j:plain

f:id:bookcafe911:20181125205238j:plain

f:id:bookcafe911:20181125205336j:plain

f:id:bookcafe911:20181125205415j:plain

 

 

それから、安倍首相に関して


今は野党もマスコミも表立って評価する人は少ないですが、20年後には誰もが評価する(せざるを得ない)業績に。
そのことは、間違いないと言って、差し支えないのではと。

それは安倍外交の日・EUのEPAとTPP。
世界貿易額の37% を占める 日本とEUのEPA 承認案を閣議決定

ここ最近の政治経済ニュースからの注目してみた内容。

 

f:id:bookcafe911:20181125205526j:plain


日欧EPA署名されてからの安倍首相の手腕を英米紙が評価
 国内改革と対米交渉を有利に


それに加えて
長部 重康 (おさべ しげやす)
           (法政大学 名誉教授)

『高まる日本の外交力に期待

メルケル後の欧州政治は何処に向かうのか』


2018年11月24日の記事を読み終えて。


保護主義と分断の世界的傾向の最中、
対立をどう乗り越えていくのかというところで、
メルケル独首相、引退後は
多国間合意の旗振り役としてその牽引役を  安倍首相

日本に期待するようなむきも、それは強くあるということでしょうね。

特にEUと米国トランプとの関係悪化。摩擦をすでに引き起こしている。
その余波も手伝ってのことなのか。


日欧EPAのほうは来年2月に発効の見通し。