トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。(和歌山県)

疑問符?解消論

櫻井さん、正気ですか?

 

政治的センス疑う櫻井よしこの自公連立解消論。

 

産経新聞の寄稿、読ませてもらいましたけど、ツッコミどころ満載。おかしな、早合点、いちいち、修正、心の中で、首かしげながら、読み終えました。主張要点としては、

改憲勢力としては、組みづらい、連立解消したほうが晴れ晴れするという、ご意見。二点目は.次期戦闘機の輸出したい政府の抵抗の壁になってもいるからだという認識が披歴されていたところ。三点目は、党内派閥解消した勢いで、ついでに連立解消もして、政界再編成へと、岸田のリーダーシップを促していたところ。なかなか、はい、そうですかと、同調できないご意見。

 

それまでは、ステキ好ましい評論家と、思ってもいましたが、かなり、残念なというか、それまでの、イメージが、崩れていきました。

こちらとしての櫻井よしこさんに言いたいことは、岸田首相を買い被りし過ぎていませんか、ということ。

自分の投票行動は、連立与党だからと、一票入れてただけで、なにも、先祖がえりのような、元の木阿弥の保守を願ったことは一度だってない。

かつての学生の頃の反体制だった自分が嘘のように思われるぐらいに、その際立って頂点はと言えば熱心な安倍ファン、よろしく、遊説、街頭の聴衆の一人と化していた頃のこと。

それが岸田の当初の安倍国葬の勇断までは、良くやったとも、思っては見ていたが、そのように、櫻井さんが好ましく評価するほどに、今は派閥解消に発揮された力があったとも思えない。

それまでも、安倍晋三とは、正反対に判断の煮え切らなさを見せつけられもしていた。

岸田のそれが地でもあるからして、とやかくは言えない部分。人のことは、良くも悪くも、言いやすく、自分の事は棚にあげやすし。ではある。ではあるにしても、新聞のタイトル、ゴシック体の部分は櫻井さんの強調する本旨。派閥解散より連立解消には疑義をさしはさまないわけには、いかない。

自民党が党として.もっと説明しなければならないことは、税というものに対しての有り難さの構え。そして、税負担のお願いする立場としての在り方。そして、その次に、国際社会での日本の国家としての応分の軍事負担の在り方。説明責任。

櫻井よしこさんは、一点目に主要要点として、改憲を挙げてはいますが、自分も、和歌山県自民党開催の憲法を考える県民集会に参加しましたけど、そのスタートは、よかったけれど、それから数年も経ったわりには、個々の議員、国政、地方議員問わず、まことにその理解進捗状況は、そんなに誇れたもんでもない。統一教会問題、起こった時点においても、なんら、コレはといった意見が開陳されたというわけでもない。酷いのになると、思想信教の自由も、その理解、憲法解釈においては、この議員で大丈夫なのかというほど、頓珍漢な自民党議員の発言のほうが目立ってもいた。まるで、こころも、身も、統一教会に持っていかれてしまったかのような。それでいて、悪びれもすることなく、信教の自由を振りかざす、その振りかざす場面も、飛んだお門違いもいいところ。四国、中国の自民地方議員。

かたや宗教政党と世間から、言われてもいる、公明党の方が適時、適切な、憲法理解した上での発言、コメントをされていたなと。そう振り返る。憲法の次の防衛協力においても、国民からすれば、憲法の条文をこうしたどうした言われるよりも、喫緊の課題に捉えやすいのは、サイフにも直結してくる防衛にさく予算のことだ。櫻井さんは、憲法改憲を後回しにする公明と一刀両断してしまうが、国民の感情レベルに近いのは、山口代表の意見なのでは、ないだろうか。改憲の話どうこうよりは、防衛予算増額の道筋。

コレは、外せないでしょう。先の安保法制を成すことができた、連立の公明を傍において、いずれの勢力に協力を求めようとしているのか。元の安保法制の理解にも乏しく、協力的でもなかった勢力になにを頭下げて、協力取り付けようとしているのか、別の意図、ありやなしやと、心許ないような、感想も抱いてしまいます。櫻井さんの再編成構想とも受け取れる、政党再編成の見取り図、決してはっきりと示されたわけでもない。それだけに無責任な連立解消論と言わなければなるまい。

政策集団としての派閥解消したんだから、連立の解消もという、論理展開には、櫻井よしこにしては、飛躍と論理矛盾が見え隠れ。なかなか、ストンと腑に落ちることはない。

この、軸でまとまれる政党があるから、この方が未来を考えてより好ましいと言うならいざ知らず、改革の本丸は、自民党そのものなはずのところを、誰が見たってそう感じてるところを、目眩しのように、パーティ券問題から、どうして、連立解消論に結びつけて、政策集団に生まれ変わらなければと強調するのかが解せないのだが。

一方の公明党のほうは、イデオロギー集団というより、政策集団とみなしたほうが、分かりやすいぐらいにまとまりがいい。何も、風通しが良いからだけで評価するのではないけれど、安保法制の騒々しい頃、自民党内の方が意見二分されていた。まとまりなんて、地方にいけば行くほど、ありもしなかった。国政の議員ですら、中堅議員のほうから、首相を揶揄するし、メディアに出ては、別な受け狙いの安倍チルドレン発言。党勢拡大に貢献もそれほどしたとは思えない議員が、よく、言うよ、という、安倍批判。一強多弱を心では有り難がりながら、自虐的なカメラ目線でのコメント。国賊発言も、かわし方は、メディアの切り取りですかでかわしてしまう。まとまりのなさは、自民党お家芸ですか。そのような風景、櫻井さんも、忘れたわけでもないでしょう。

連立の一方の側を櫻井さん、云々してますが、党内の100パーセント説得にこぎつけた公明側に比して、あの頃の自民党、議員数からして、多数だったにしろ、理解は、まだら模様。安倍首相の国民に真を問う解散選挙、功を奏するや、推し並べて、以前から、賛成派だったみたいに、これ、ポスト欲しさにすり寄る、派閥の領袖同士。我が我がの自分党、看板は、自民党だけれど、自由と民主は、遠のいて、過去の派閥の自由闊達、議論風発の気風の頃と違って、なんか、内向きの大人しい小粒議員ばかりが偉そうになってしまいました、そういう感じではないでしょうか。櫻井さんとあろうお方が、それらのことも、知らないわけでもないでしょうに。ウクライナのこと、国会で首相説明するほど、自民党議員、関心も示していない。防衛予算のこともしかり。国際緊張のことも、台湾海峡にこと寄せて、言うには言うが、外交課題は、選挙に有利とも見ていない。賃金格差、賃上げ。課題は、わからんでもないけれど、グローバルな経済。ウクライナ情勢も国内経済に影を落とし続けてきている。ロシアが核の脅威をちらつかせて、ザポリージャ原発、攻撃の的に加えて、公にウクライナを脅したときに、これは、たいへんだと思ったけれど、首相のウクライナ訪問も、安倍と何ら変わりもない対米追従だとかの頓珍漢な批判も一部、野党から。政権政党のなかで、議員の身分で、唯一避難民を日本国としても受け入れるべきでは。その決断にいたる現地視察、自民議員だろうと思っていたが、公明議員だったではないか。改憲とか、防衛に後ろ向きであるかのような櫻井さんのイメージ付け印象操作投稿は、事実とは、符号しなくない?と思ってみたりしています。それに、ポーランドに比して、遠い日本とはいえ、数の差を、云々することなく、日本の立ち位置、国際社会からは賞賛の声もあり、心強いところ。それにロシアで駐在外交官経験のある、佐藤優氏のクローズアップ現代に出ていたインタビューでも、番組、見ていて、ウクライナ停戦へ、日本ができることがある、という発言内容からも、平和への、与党の役割、捨てたもんでもない。役割があるはすだ、との主張に合点もいく。そう受け止めていたときに、この櫻井さんの寄稿は、ちょっと頂けないかなということで、記しました。公明の協力得てよかったことは、数えられこそすれ、マイナスということは、あんまり数えられないんだが、そう言うふうに持っていきたいなんらかの、意図で寄稿されてる感がしてきてしまう内容でした。意図あるなら、そっちの方をハッキリと、知れればよかったなと。

 

一部意見においては「岸田のほうでは、本質、安倍晋三氏ほど、連立政権の成り立ち、理解してないかも。」いう意見もあることから、櫻井よしこさんにおいてはそう言う意見、見方にはどうみてるだろうかと。思ってみたり。

今は人間の安全保障、上川大臣を。共有の価値外交

フレーフレー応援しようかなと。自民党は、公明から学び、公明は、自民議員の正当な、中共政府の覇権的な側面への、危惧の念に、もっともっと理解しめすべきでは、あろうなと。

 

 

安倍洋子、哀悼

一人の女性の人生としては背負いきれないものを洋子さんは抱えて生きてこられた。ご自身も総理大臣の娘として育ち、政治家の妻になって、ご主人に先立たれ、息子さんは総理大臣になられたものの、息子さんまで見送ることになって、お辛い時間も多かったと思います。心よりご冥福をお祈りいたします。安倍さんが旧統一教会と関係があった事は一見すると由々しき事だけど、その裏で重要な情報も手に入れていたと思う。

政治家は時として諜報員的な役割がある事を忘れてはいけません。

 

表面的な事象だけを観て安倍さんを憎み殺害した山上被告は余りにも短絡的だったと言わざるを得ない。あのようなテロ行為は絶対に許してはなりません。

 

父上は戦犯として囚われたり、ご主人をここから!という時に早く亡くされたし、安倍晋三氏は長く首相として確固たる地位と世界での存在感を構築したものの、衝撃的な最期を迎えてしまった。岸信夫さんは体を壊して引退なさった。

 

政治家の娘、政治家の妻、内助の功政治家の母。凄まじい人生だったことでしょう。

 

長く生きてこられた中で、必死にされてきたと思います、いろいろとご苦労も多かったと思います。この訃報は安倍派の解散と相まって一つの時代の終わりを告げるかのようにも感じます。政治家の妻、母として沢山の苦労は数知れず。現在の政権、自民党は安倍政権の凄さがより際立つという何とも皮肉な状況ではありますが、改めて、安倍家の凄さを感じる今日この頃です。あのような形で息子さんを失うとは思っていなかったと思います。母親として息子に先立たれるというのはとても辛い事だったと思います。週刊誌は色々書き立てますが、芯のある上品で強い女性のイメージしか自分にはありません。お母さまにとってみれば自慢の息子だったに違いありません。それだけにそんな息子を突然あのような形で失い酷いショックを受けてたでしょうし、許せない気持ちでいっぱいだったに違いありません。かたやマスコミはゴッド・マザーなんて言われ方をしていますけれど、嫁姑の関係にしたって、変化していくもので、たより頼られるのが常。自分の人生より、岸家にも、腹を痛めた我が子をやるぐらいだから、しっかりした政治家の遺伝子を待った気丈な人。息子2人厳しく政治に立たせたのに、まるで牛耳る鬼婆であるかのように揶揄するのもどうかなと思っていたし、憶測で、面白おかしくそのような絶対的な発言権の持ち主イメージ拡散する風潮もどうなのかと見つめていました。

 

人の親であることには違いないし、我が子のことを国民から最も愛された歴代最長総理安倍先生のイメージで生涯を終えるならいざ知らず、間際になって我が子がいくら憎まれることがあったとしても、凶弾に、倒れるなんて、降って湧いた別れ。生前に果たさねばならなかった母親としてのショック。

いかばかりか。慰められる事を言うとすれば

日本を何度も危機から救い、世界との調和をはかり、国民の生活は豊かになり経済成長も成し遂げましたという大筋のところ間違いない家系と思います。岸信介安倍晋三、お二人の功績は格別で、特に、戦後復興時の安保闘争を上の世代の事とはいえ、周囲の親世代でさえ、岸信介には批判的ではありましたから、余計に、それらを跳ね除けての御奮闘ぶりは実感として受け止めています。

 

左巻きの連中は称賛もほどほど偏向映画を撮ったりして、人の命に対するリスペクトがまったくなかった。これらも日本の現実。日本の罪。安倍洋子さんを可哀想がられても、亡くなった本人にしてみればやり遂げたという、気持ちの方が強かったのでは、なにも、可哀想がられることはないと。悲しむべきは、日本国民の何もわかっちゃいない、このような意見、政治と金、その温床のすべてが安倍派だみたいな、それこそ、そっちの繋げ方の、ほうが、悲しむべき、これらのほうが可哀想がられるべき事態ではないのかと。

もっとも批判されるべきは、なんら説明責任はたさない、残った五人衆のメンバー。この罪。これは、重いだろうなと。

テレ東にエール

bsテレ東にエールをおくります。

今日の視聴内容。

▼元芸能界関係の仕事をしていた男性のご自宅へ!
▼実は…仮面ライダーV3からストロンガーまでの5作品にバイクスタントや役者で出演!?
▼夢も叶いやりたいことはやれた…残りの人生を一生懸命生きる、今

 

▼昼12時からお酒を飲んでいた女性のご自宅へ!
▼25歳で結婚をし、2人の子宝に恵まれたが…夫婦の関係は冷え切っており離婚寸前
▼原因は、夫の夜遊び!昨年の夏、妻が激怒…夫は変わることが出来るのか!?

 

▼見た目は派手だけど…偏差値70の女子高生2人組のご自宅へ!
TikTokをやったり、プリクラを撮ったり、見た目はやんちゃそうに見えるが…
▼将来はCAと薬学系!明確な夢を持っていた!

▼裁縫や家庭菜園、料理が得意な“女子力高め”男性のご自宅へ!
▼3年前に乳がんで妻が他界…わずか2年の結婚生活
▼少しでも乳がんで亡くなる人を減らせたら…乳がん撲滅活動にも励んでいる姿

 

番組はタクシー代を払うので「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行く完全素人ガチバラエティー。誰もが皆、一見フツーでも、ぜんぜんフツーじゃない人生ドラマを持っている!そんな素敵な市井の方々の人生譚を覗いていこうとするもの。

最後のパシフィコ横浜での乳癌で前妻を亡くした男性のその後の再婚をカメラが再取材していたのに見入りました。

わずか、2年とはいえ、濃密な結婚生活。

妻がそんな、若さで亡くなってしまうなんて思ってもいなかったはず。ピンクリボン運動、癌撲滅の為に啓発運動に時間を割いたりと、最後の瞬間まで、夫婦の絆を紡いだ延長のような生活。いい人だなぁと。それだけに再婚もアリかなと。見ていたら、やはり番組スタッフ、その後のお変わりないですかで訪問取材されていた。再婚していたのがわかりました。あの世で前妻にも心配かけない、生き方を。安心してくれていると思います。のコメント。また、再婚相手にも、この人と結婚して良かったと思って貰える結婚生活を送ろうと思っていますのコメント。ナイス、ステキでした。世の中に、こんな、素敵な、饒舌でもなく、適切な、短くもアッタカイ、一言一言。いいね!久しぶりに見入ってしまいました