トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。(和歌山県)

第4次安倍内閣


安倍総理 公明党大会で祝辞 安全保障、憲法改正でプレッシャー

f:id:bookcafe911:20181010210116j:plain

新たに総務相に就任する石田真敏氏には、早急な結果が求められる重要課題が山積している。携帯電話料金の値下げに向けた政策は、予定される来年6月の中間答申より早期の結論に期待が高まる。

 


総務省が設置した「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の初会合が10日、開かれた。

 会合の冒頭で石田真敏総務相は「競争が十分に働いてないのではないかという指摘もあり、利用者の視点にたって議論してもらいたい」とあいさつ

携帯電話をめぐっては海外に比べ通信料金が高いとの調査もあり、値下げにつながるような競争環境のあり方について議論。12月に論点整理、来年2月をめどに中間報告案をまとめるらしい。


その他、第4次安倍政権には経済課題山積 消費税、災害のインフラ整備、通商…と。


自由貿易の足を引っ張りかねないトランプ米政権が強める保護主義的な姿勢。通商問題は世耕弘成経済産業相にも重要課題だ。

f:id:bookcafe911:20181010210227p:plain

 

 

まずは日本や中国、東南アジア諸国連合ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の年内妥結を目指すと強調。


両大臣に期待したい。

 

いしだ まさとし
党国対筆頭副委員長、財務副大臣早大=衆(7)和歌山2)


せこう ひろしげ
官房副長官首相補佐官早大=参(4)和歌山)

 

【関連動画】安倍総理 公明党大会で祝辞 安全保障、憲法改正でプレッシャー 
.