トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。(和歌山県)

老婆心ながら

f:id:bookcafe911:20170118194700j:plain

老婆心ながら言っておこうかと、
そういう言葉を投げ掛けられた心象風景も
懐かしく。
 厳しくも暖かい眼差し。

 順送りなのか。
かつての親子関係が逆転するように。
そんなこともあったことを。
あの時は帰省する度に親父がマスコミの影響を
受けて左傾化していないかと自分は心配していた。
 定年後、TV、マスコミの情報には
不自由しない親父だった。
PKO議論、日本の
政治の場で問われたとき、
 息子が積極的
 支持とは
 ちょっと親父にとっては意外だったようで。
さかんに当時の否定的論客の
口真似を
聞かされもした。
もうあれから何年、
 新しい
日本の国際貢献を期待している息子と
等分に
老婆心ながら、今は
 マスコミの論調の相も変わらなさを
見つめている。

広告を非表示にする