トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。(和歌山県)

海峡のアリア&『かぞくのくに』

幼い頃に生き別れた4人の異父兄がいた。だが「地上の楽園」を信じて北朝鮮に渡った兄たちは、あろうことか「強制収容所」に入れられ、塗炭の苦しみを味わっていた。祖国に裏切られた母は、怒りと哀しみを胸に、息子たちを救うべく奔走する。しかし、兄たちは…

プライムニュース・文政権は

2019/02/15 『「陛下謝罪」発言なぜ “卑日”文政権狙いは』【後編】

いまさら「辺野古反対」

いまさら「辺野古反対」で政府批判する不実な人たち (産経)からのシェア過去記事【政界徒然草】 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てに着手した。移設反対を掲げる玉城デニー知事(5…

大阪万博2025

決まりましたね。 55年ぶりの大阪。 開催までの今からの6年。 どのような、世界に。 期待は膨らむ。 というよりか、自分なりのそれまでの 目標といったものを。 我が家の2025年。 自身の2025年。 その前に生きているかな。 生きてるのに決まっているだろう。…

メイ首相に会いに・なかなかいいね!

総理「英がTPP加盟なら歓迎」 仮にEU離脱にしても、合意を取り付けての離脱を。

2019ご挨拶

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。

好んで見た、TV番組

多分、続けてみると思う。来年もよろしく!。 けっこう、ふりかえれば、民放と比較してNHKを視聴しているなあ。 ファンかもしれないなあ。

俳優・津川雅彦のことを

安倍首相にエールを送り続けた津川のことを 振り返る (ピックアップ画像) それから、安倍首相に関して 今は野党もマスコミも表立って評価する人は少ないですが、20年後には誰もが評価する(せざるを得ない)業績に。そのことは、間違いないと言って、差…

過去の大阪万博

過去の大阪万博 日本人の2人に1人が訪れたというらしく。 史上最大のEXPOだったといわれていることは、後に知ることになる。 中学生の自分は、 物珍しく、 混雑の人ごみの中を歩き回っていた。 その当時の世相を少しく振り返ってみようかと。 順不同な…

オーストラリアでの安倍首相

オーストラリア北部ダーウィンで、慰霊碑に供える花を受け取る安倍晋三首相とスコット・モリソン豪首相(2018年11月16日)。 安倍首相、旧日本軍空襲の豪ダーウィン訪問 慰霊碑に献花 オーストラリア関連 参照することが多いです。 日豪プロジェクト カウラ…

明治150年・陸奥宗光候

秋晴れの和歌山港(10/13) 帆船の寄港にでくわしました。

半島情勢・反日・旭日旗・2時間徹底討論

プライムニュース 最新 2018年10月12日 旭日旗掲揚問題 BSフジ LIVE プライムニュースハイライトムービー 旭日旗掲揚問題。 小渕恵三と金大中による日韓共同宣言から20年 未来志向の関係はますます遠のいてしまっているかのような状況。 ムンジェインの前…

小説『襲来』

『守教』ば書くためにキリスト教について調べ、今年になってからはずっと、日蓮について調べとります。来年刊行予定の小説『襲来』が、元寇を題材にしたもので、日蓮を無視しては書くことができんからです。2017年作家、精神科医・帚木蓬生の言葉から。 小説…

第4次安倍内閣

安倍総理 公明党大会で祝辞 安全保障、憲法改正でプレッシャー 新たに総務相に就任する石田真敏氏には、早急な結果が求められる重要課題が山積している。携帯電話料金の値下げに向けた政策は、予定される来年6月の中間答申より早期の結論に期待が高まる。 …

日本型リベラルと九条信仰

沖縄知事選応援演説・小泉進次郎

小泉進次郎(うるま市安慶名交差点)2週連続で沖縄県知事選候補佐喜眞淳(アツシ)の応援の為来沖する! 注目して傾聴してみる。 デニーより、やはり、さきまにという思いはある。 激戦。 亡くなった翁長知事への、進次郎からの お疲れ様でしたという 温か…

野党も多少のにぎやかしとしての

『ニュース女子』 #166(米朝首脳会談・拉致問題・政界) 価値はあるのかも。 長妻さん言い訳したって18連休に変わりなし 国会議員が国会議論を放棄するなんて前代未聞 それを許すマスコミも、マスコミだけれど、 不信任叩きつけたいなと思う相手は与党議員…

安倍首相の被災地視察と学校クーラー設置の関係

天災である豪雨の被災者に、政府の初期対応の遅れのデマを繰り返し聞かせる事によって、避難所の被災者の中に人災の被害者だと認識する者が出ると、雰囲気が一気に悪化して殺伐とする。ケアする自治体職員やボランティアに当たり散らすようになる。デマを流…

岡山・真備町・水害

西日本を襲った記録的豪雨に伴う河川の氾濫で多数の犠牲者が出た岡山県倉敷市真備町地区では、2カ所が決壊した小田川だけでなく、その支流である三つの河川も決壊していたことが県への取材で判明した。この3河川はいずれも、国から委任された県の管轄だが…

蓮池薫

朝日新聞デジタルに載っていた二人の編集委員によるインタビュー。要約すれば、以下のようなことだ。 ①北朝鮮は、下手な言葉で挑発するやり方はトランプ政権には通用しないと思い直したかもしれない ②日本が圧力重視の立場であることは、今はそれでいい。非核…

老害、息子はいいんだけどなあ

【拉致被害者家族会見】増元氏「救出に熱心で対北朝鮮の考え方が間違ってないのは安倍総理」 横田氏「河野洋平さんに惑わされないで」 拉致被害者家族に「どこの国の政治家ですか」と言われて、日本に恥をかかせ、歴史の汚点となっている政治家がいます。 河…

わかっている拉致のネットワーク

田口八重子さん、田中実さん拉致から40年 浮かび上がる工作組織のネットワーク 拉致被害者、田口八重子さん(62)=拉致当時(22)=と、田中実さん(68)=同(28)=が北朝鮮に連れ去られて6月で40年が過ぎた。事件当時、日本国内には数多く…

海峡を越えて

海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(20) 借金を返さない北朝鮮 理不尽なカネの要求は拒否すべし 2018年5月26日 産経新聞 の記事レビュー ふりかえって味わってみることにします。 朝鮮半島の動きに関して日本の出遅れを懸念し前のめりになっている向…

「朝のくに」ものがたり2018.2.25

外地にあった日本の最高学府 あえてグローバルと呼ぶまでもなく 時代が要請 したのでしょうね。 台北,京.城の両帝国大学 中国・上海(シャンハイ)) にあった東亜同文書院大学 新聞記事を読んでの感想 2018.2.25 09:15更新 【海峡を越えて 「朝のくに」もの…

『ふたつの荒野』

戦争を知らない世代の自分が、 貴重な体験の記述に 触れることによって、 少なくとも、 戦争を超えてきた世代が、 なにを見、 どういう気持ちで 振り返っているかを、(死と隣り合わせの大陸の日々と それがために背負ってしまった 苛烈な帰国後の出発とを…

バトルがいい意味でさらけ出してくれている

小西洋之、憲法論で返討に遭ふ 安部晋三首相 「クイズごっこはやめてよ!」 馬鹿らしいけど、笑っちゃう。

地元選出議員の発言チェック&フォロー

残る「森友」は公文書管理問題 証人喚問で論点を時系列に整理 石田真敏がんがってます和歌山新報6月26日シェア記事。 18日の大阪北部地震で大きな被害が生じました。被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。早々に自民党でも現地に入り、政府与党…

沖縄慰霊の日2018

【沖縄の願い】平和の詩 「生きる」慰霊の日 2018 静かに聴き入り、 平和を誓う

sengoku38から、今を見る

政府は、自分たちのやってきた間違いを、組織の規律の問題にすり替えてしまった。愚かな民主党政権時代の汚点。 思いだす。sengoku38事件、真相アップロード。 純粋に仕事に取り組んだわけが明らかに。 暴虐漁船を取り締まるべく対応した保安官は、国民を騙…

向井 理 × 上戸 彩

感動のスペシャルドラマ制作開始! 太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~ 平成30年 夏[総合]後10:00~11:10 放送期待しています。