トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。

こころ旅・火野正平・サロベツ

f:id:bookcafe911:20170723134815j:plain

好きな番組、見終える。

「やりたかってん!」と正平さん。ヒロシですの自虐ネタ、最高!
笑わせてくれました。
それと、ちょっと、しんみりと。

今は亡き夫との思い出の地ですか。御夫婦で旅された思い出の地が北海道サロベツということで、採用されてよかったですね。手紙の投稿者はたしか、福島のかた。

f:id:bookcafe911:20170723134900j:plain

投稿を頼りに火野正平がチャリオで駆け巡る『こころ旅』

 

 


日本列島こころ旅、いつも見続けています。ちょっと、番組は、お休み期間に入るということですが、秋のスタート、また心待ちにしています。

ブックレビュー②(2015~2017)

目に留めてみたTV番組と、振り返る書。

f:id:bookcafe911:20170722163934j:plain

 

ベトナム男性)『日本の学校で、僕、クラスのみんなの話についていけなかったですね。』

1964年、サイゴン生まれ。17歳(81年)のとき、ボートピープルとして脱出、3か月香港にいたあと日本へ。上智大学理工学部に。
南の軍人だった父は戦争終結後、再教育キャンプに送られる。

ラオスの女性)1960年、ルアンブラバン生まれ、9歳のとき、父が亡くなり、10歳でビエンチャンへ。
貸家業と美容院を母が経営し、一家を支える。中国系の中学校を卒業後、アメリカンスクールに進んだが、75年の革命で閉鎖。
2年間、学校は行けず、3年目に、まず母がタイへ。79年に母を追って兄弟全員が出国。タイ、ノンカイのキャンプを経て来日。
来日後、ボランティアの人の紹介で、埼玉県戸田市の病院にヘルパーとして勤務。毎日、婦長さんから日本語の特訓を受け、国家資格を突破して、現在は正看護婦として勤務。
『今が一番幸せ』

 

 


(ミャンマ旧ビルマの男性)家庭の事情で父の自動車整備工場を受け継ぐ、私費留学生として来日。『ビルマ人が外国で5人以上あつまることは禁止されていたことを想うと不思議な感じがします』。

 

 

カンボジアの男性)1957年プノンペン南の村カンポット生まれで、父母は金細工の店を経営。9人兄弟の4番目。高校一年のとき、ポルポト政権によって家族はバラバラとなり、ベトナム軍が入ったあと再会するが、母のすすめにより、単身、タイを逃れ
、 カオダイキャンプ、チョブリンキャンプを経て82年4月来日、難民定住センターで、三か月過ごした後、栃木県の鉄工場、横浜のプリント基板会社などを経て、相模原市のプリント基板会社に勤務。その後結婚。『戦争がなくて、自由があれば頑張れる』

 

(台湾の女性)台北市生まれ。高校卒業後、台北のホテルのフロント係として勤務。宿泊客は日本人が多く、そのころから日本に興味が。
『将来は日台の貿易関係の仕事に就きたい。』

(ソウル出身の女性)
『演劇の仕事を続けていきたいと思っています』

 

 

 

 

 


探検バクモン SPECIAL ニッポン多国籍時代!異文化のるつぼ「東京都大久保」で多 国籍ワールドに大潜入!

TV録画再視聴きっかけに、振り返る書が、ダイアモンド社から出版されていたアジア・インタビューで、それがこのように記してきた内容。

 

NHKの探検バクモン、番組は好きなんだけれど、爆笑問題太田光とは、それまでのトーク番組からもわかってはいたんだけれど、(ノー天気な安保法制反対とか、護憲だとかの意見、好きになれなかった)面を考えれば

多分、政治的意見は同じくすることはないだろう。それでも、

世界の人と仲良く、今住んでいるところを住みやすくという、この東京の大久保の潜入取材は面白く拝見したので印象に残している。

その思いと重なるように思い起こすのはかつて自分にとって影響を受けた書、アジア・インタビュー(象の会)のこと。

 

国情の違いはそれぞれにあっても、人間の優劣があるわけでなし、それぞれに、幸せを求めて、地球に生きる人間なんだという視点を再確認。

 

f:id:bookcafe911:20170725130007j:plain

 

 

ロケ地巡り(映画ちょき)

f:id:bookcafe911:20170717175321j:plain

珈琲もくれん


口コミ頼りに美味しいというお店へ

レトロな昭和を感じさせる通り。

f:id:bookcafe911:20170717175609j:plain

f:id:bookcafe911:20170717175641j:plain


どこかで、見た街並み。そうだ、昨年末に観た、
映画「ちょき」のロケ地が確かここだったっけ。と思い出していた。

映画を見ていただけに、街撮りとしては、興味の増す舞台でもある。

お目当ての、珈琲店はこのようにして、初めて、入るのだけれど、
なんだか不思議と、初めてのような気がしてこない。

それに、ロケ地巡りしているわけでもないのに、出かけるときには常備しているカメラを手放さずに

降り立っている。

 

店主さんからの撮影了解をもらってから、

アンティークな2階席を撮らせてもらう。

f:id:bookcafe911:20170717175716j:plain

なかなか、雰囲気は落ち着いて、いい空間。

絵画なんかもね!。

 

f:id:bookcafe911:20170717175906j:plain

 

そうこうするうちに運ばれてきた、注文の品のもくれん珈琲、とスイーツのコーヒー寒天。

f:id:bookcafe911:20170717175756j:plain


帰ってから、画像整理。

 

f:id:bookcafe911:20170717175955j:plain

 

かねてロケ地として市が勧誘に熱心だったことは知っていましたけれど。

全国巡回に先駆けて地元先行放映アピール時の、俳優はさんでの金井監督と尾花市長の画像、これは産経記事から拝借。

f:id:bookcafe911:20170717180027j:plain

f:id:bookcafe911:20170717180153j:plain

f:id:bookcafe911:20170717180353j:plain

結果的にはロケ地巡りの外出となりました。

 珈琲はとてもおいしかったです。

f:id:bookcafe911:20170717180109j:plain

 

舞台『オスロ』

f:id:bookcafe911:20170713162111j:plain

最近の新聞チェック記事から、印象に残っているものを。

こういう演劇を見たいものだなあと。

実際にあったことをふまえているという。ヒューマンな裏面史。

国際平和への道筋。暗雲垂れこめているなかにあって、こういった難解な

交渉にあたる姿。平和への献身。世界が、内向き、周囲を顧みない自国主義、エゴむき出しになっていくなかにあって、演劇部門トニー賞受賞にはすくなくとも、希望が。

f:id:bookcafe911:20170713162221j:plain

 

f:id:bookcafe911:20170713162246j:plain

f:id:bookcafe911:20170715120328j:plain

広告を非表示にする

国会閉会中審査


🌼 里見隆治(公明党)《加計学園 前川前次官を参考人招致》【国会 参議院 文部科学・内閣連合審査会】2017年7月10日

野党は、この閉会中審査で国家戦略特区での同計画選定について「不公平、不透明な部分がある」と述べた前川前文科事務次官に期待する雰囲気でいたようであるけれど、そっちのほうは

新味な証言もなく、それに対して誠実さが感じられたのは、淡々と語る加戸守行・(前愛媛県知事参考人の証言。
「国家戦略特区でゆがめられた行政が正されたというのが正しい発言だ」と大胆に。
文科省行政の旧態依然を非難。

 

 注目してみた加戸氏の発言。

加戸氏「10年前に愛媛県知事として今治獣医学部の誘致を、当時は構造改革特区の名の下に申請したことを思い返して、はなも引っ掛けてもらえなかった問題が、こんなに多くの関心を持ってもらっていることに不思議な感じをもっている。

 一番苦労したのが鳥インフルエンザ口蹄疫の四国への上陸阻止、あるいはBSEの日本への波及の阻止。
感染症対策として一番防御が可能な地域という意識もあったし、アメリカがこの問題に先端きって国策としてこれからはライフサイエンスと感染症対策をベースとした獣医学の教育の充実ということで大幅な獣医学部の入学者の増加。
そして3つの獣医科大学の新設という話で懸命に取り組んでいる姿を横で見ながら、なんと日本は関心を持っていただけない国なんだと。

 私は少なくとも10年前に愛媛県民の今治地域の夢と希望と関心を託してチャレンジした。
厚い岩盤規制ではね返されはね返され、やっと国家戦略特区という枠の中で実現を見るようになった今、本当にそれを喜んでいる。

 行政がゆがめられたという発言は、私にいわせると少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けていただいたということで、ゆがめられた行政が正されたというのが正しい発言ではないのかなと思う」

 

 なかなかの、おじいちゃん、という印象でした。しっかりしておられる。

 

マフラー?熱くない。ファッションなの。

 

 

前川答弁ばかりタレ流すメディア、ちょっと、どうなの?。反省してほしいわ。という感慨も。

 

民進党最低。構造改革特区で一旦は進めながら

政権交代後、国家戦略特区として自民党がさらに

引続いて既得権益に改革の歩を進めようとしている

ことに難癖つけている構造としか見えてこない。

安倍政権打倒の理由を政権中央のお友達にしか

甘い汁が吸えない風であるかのように憂慮する

みたいなこと言ってますが、前川発言を補足するような文書が出てこようがどうってこともない問題。

要は、法律でもない文部通達で時代にそぐわない

参入規制の現状、それを認めようとするところから

出発するのか、行政がねじ曲げられたと

短絡的に既得権を守る側に理解を示していくつもりなのか。

 

内部告発風の前川発言に耳傾けるより

この、ステキなおじいちゃんの発言に

もっと

耳を傾ける方が

より

議論の本筋が

見えてきそうだし

 

本来の明らかにしなければならない

ことが見えてくるのではないかと思うのだけれど。

 

広告を非表示にする

ブックレビュー①(2015~2017)

目に留めてみた書評記事から、振り返る作品と、再読本。

f:id:bookcafe911:20170709160055j:plain

 

f:id:bookcafe911:20170709160208j:plain

f:id:bookcafe911:20170709160407j:plain

f:id:bookcafe911:20170709160442j:plain

f:id:bookcafe911:20170709160509j:plain

【関連キーワード】◆日本を愛したスパイ『ドクター・ハック 日本の運命を二度にぎった男』 

◆西村京太郎著『D機関情報』

西村作品ではハックの名がハンクで登場。

Dはもちろんアレン.ダレス。