トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。

紀州海南ひなめぐり

 

f:id:bookcafe911:20170221230722j:plain

f:id:bookcafe911:20170221230445j:plain

f:id:bookcafe911:20170221230507j:plain

f:id:bookcafe911:20170221230550j:plain

温山荘の広い庭園を散策、それから、黒牛茶屋に移動。

酒蔵の資料館を覗いて、ちょっと、休憩。地酒がおいしいんです。

海南の街では、おひなさま飾りが、

皆様のご訪問をお迎えしていました。

f:id:bookcafe911:20170221230608j:plain

サラリーマン川柳

振り返るサラリーマン川柳

◆あれもやれ 残業するな これもやれ
◆キミだけは オレのものだよ マイナンバー
◆「今帰る、」妻から返信「まだ、いいよ」
◆「定年後 帰りは何時 聞く側に」
◆我が家でも 「温めますか」と 飯が出る
聞かなくてもよくないそれ?コンビニじゃあるまいし。

定年や退職をテーマに夫婦のきずなを感じさせる作品が選ばれる一方で、「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」という作品もありました。
他人様の作品に感じ入るばかりですが、それあるよなあ_という気持ちから、画像を付けてセレクトしました。
愛飲のビールと、妻からの究極の義理チョコです。


◆『本物の ビール3本 わが爆買い』

◆『義理チョコに しては高価と 胸騒ぐ』

f:id:bookcafe911:20170220230327j:plain

広告を非表示にする

上野歩・山田深夜・山本甲士

f:id:bookcafe911:20170219204254j:plain

新人作家の作品を手元に。
おススメなのが、山田深夜の「電車屋赤城」と、上野歩の「私、型屋の社長になります」という二作であります。

少しくは救いの感じられそうな予感を得られそうなものを。

お仕事小説といってもその広がり、定義はそれぞれにあるんだろうけれど、自分の中では、

とにかく、出会った作風、肌合いが良ければ、次々とその人の作品を手にしてみたという選び方。


振り返ればお仕事小説といえるかどうかはあるにしても

過労で脳梗塞を引き起こした夫に対して、無慈悲な退職を奨めてくる会社に妻がキレ
、復讐を目論むというストーリーの「かび」という作品〈山本 甲士   (著)〉 をおもいだしたり、
続いては
建設会社社員、市役所職員。地域経済が描かれていく、「蛇の道は蒼く 」「どろ」「とげ」「迷わず働け」と次々、 山本 甲士   作品を。


まあまあの読後感だったことを
思い起こしている。

最近は遠のいているんだけれど、ネット上の書評から

未読の作品では山本甲士の、「ひなた弁当」というのも、また読んではみたいなあと。

おろかなるひとり言

f:id:bookcafe911:20170212195015j:plain

休日のちょったした軽い山歩き。

 

 吉田拓郎の歌のフレーズ思い出す。おろかなるひとり言。


 丘をのぼって下界をみると 小さな世界がそこにある

 

そして、二番目の歌詞は小さな自分がそこにある。というヤツなんだけれど、

なつかしく思い浮かべてみた今日のお昼の風景です。

スイセンの花に出逢いました。

www.youtube.com

 

 

広告を非表示にする

今日という記念日に振り返る過去画像

f:id:bookcafe911:20170211220638j:plain

国立競技場建替


工事、建設中の国立競技場から、

 

今日という記念日に振り返る過去画像

 

 


2020年東京五輪開催に向けて超党派で振り返って欲しい過去映像です。

視聴動画レビュー

◆出陣学徒壮行会 _youtube (検索)

東京オリンピック閉会式(insurance) _youtube  (検索)

              ( 開会式もそうですが、閉会式にも感動があります。)

1964年の東京オリンピックが開催されるまで_youtube

【検索】◆学徒出陣の証し 慰霊碑への思い  

アベノミクス批判は当たらない。トランプさん、わざと?

TV番組、新・映像の世紀_第2集 「グレートファミリー 新たな~」で、紹介されたケインズ の言葉を印象に残しています。
「今、我々がそのただ中にいるグローバルで、かつ個人主義的な資本主義は、成功ではなかった。それは、知的でなく、美しくなく、公正でもなく、道徳的でもなく、そして、善ももたらさなかった。だが、それ以外に何があるのか_と思うとき、非常に困惑する」


記録映像の数々はヘレン・ケラーがロックフェラーを批判しているところから始まります。格差が広がっており、デモが頻発していました。

9000人の労働者がストライキを起こし、スタンダード石油は鎮圧部隊を動員し、その際、死者を出します。
「ロックフェラーは資本主義のバケモノだ。慈善事業の裏で、無力な人たちが、殺されるのを許しているのです」

しかし、ロック・フェラーは意に介すことはありません、戦車、飛行機などの兵器や車も石油で動いていました。もはや、ロックフェラーの石油なしには世界は動かなくなっていました。
「どれほど、非難されようとも、我々は世界に伝道を行ったのだ。これは間違いようのない事実だ。富を気づく才能は神からの贈り物だと思う。こうした能力を最大限に伸ばし、人類の幸福に役立てよと神が与えて下さったのだ」ロック・フェラーも主張します。
景気の過熱感を懸念するフーヴァー大統領
「現時点では、わが国の経済がコントロール不能に陥っていると示唆する要素は何もありません。我々は、世界で最強の富と確固たる未来を持っています」モルガン商会
その5日後のこと、


「リディア。ウォール街で株価が暴落した。新聞で読んだだろう。史上最大の値下げだ。今日は一日中、経済のことだけ考えさせられて、うんざりした気持ちでいる」ケインズからリディアへの手紙より(ケインズは、当時有名なバレエダンサーと結婚していました。)
GMや、USスチールなど、有力株が軒並み半分にまで暴落。一週間で数百億ドルが消え去りました。借金をして、株券を買っていた人たちは、返済を迫られ、次々に破産していきます。

石油王ロックフェラーは、絶望する人々に向けてメッセージを発します。
「長い人生には、大恐慌や繁栄が波のように繰り返しやってくるものだ。神と人間性を信じ、勇気を持って進もうではないか」

その後、金融王J・P・モルガン・ジュニアは、議会の聴聞会に召喚。
過剰な投機熱をあおり、自分は資金をいち早く引き上げ、被害を免れたことや、脱税が追及されていきます。

 


サブプライムローン崩壊からの再生に向けての世界経済の流れ。
二重写しのようにバブルの繰り返しを見させてくれてもいるかのような番組でした。
日本経済もアベノミクスでどこまで再生を図れるのか。見定めていきたい。


野党はアベノミクスに反対するが、全否定しまってよいものだろうか。成功している面を見ようとせず、それはないだろう。

経済指標が確実な改善を遂げてきた点に分析のメスを入れて解釈していくことも望みたいもの。


いよいよ、与野党の論戦が始まるんだろうが、アベノミクスに不満な点もあるけど、どこの野党もまともな代案が出てこないなら、これじゃ、野党は勝てないだろうなあ。

これからあわてて代案を作るようでは遅すぎるぜ。野党があまりに情けないから安倍政権を支持するほかない。
よくある「消去法で考えると安倍政権しかない」というやつ。


なぜ野党の話は無責任で魅力が感じられないのか。安保法制論議で、深める議論もできただろうに戦争法などとのレッテル張りには、ちょっと呆れてしまったこともその大きな一因かも。
そっちのほうは心配していなくて、肝心なのは経済の方だとおもうんだけれど、経済学をかじった人間としては欲する政策に比較的近いのが安倍政権であるちゅうだけのこと。

数値的に見る限り、経済の改善は非常に単純に言えば、これは金融緩和の効果が効いているからで、緩和で増加したおカネをどのような流通経路を通して市場に循環させるかは異論あるが、とにかくおカネを増やして循環通貨量を増やせば、市場における財の交換量が増える。
この金融緩和はFRBサブプライムローン崩壊の直後から始めていることでもあり、米国の景気回復という形で推移してきている。

ところが、金融緩和をするなという政党があるんだなあ。しかも、金融緩和をせずに市場に循環する通貨を増やす方法は提案していない。
とにかく金融緩和は止めろという。止めた場合の代案もなし。これでは話にならない。

アベノミクスの方向を否定せず、アベノミクスの上を行く態度が必要なだけの話。

アベノミクスに反対する必要などない。足らざるところを指摘し、アベノミクスの上を行けばよいはず。

アベノミクスの欠点を補う方法をビシッと提案すりゃいいのに。

第一の矢はマネタリズム、第二の矢はケインズ経済学、第三の矢は新自由主義経済学。その点アベノミクスの各政策は、基本的にはマクロ経済理論に裏打ちされているから一応、好感できるんだなあ。
対抗する野党から聞こえてくる経済政策ってある?。
経済政策っていえるかどうかだけれど、聞くのは、めいめい、議員の言っていることはマチマチの枝葉の政策。
しかも理論に基づかない政策となると、都合に合わせて勝手に解釈が変わる可能性が高いため信用できないなあと受け取らざるをえないんだなあ。
(期待していないというのが本音のところですが)野党共闘というなら、そういうもの聞いてみたいんだけれど。
既存の経済学体系に基づかない方法であったとしても、何らかの形でマクロ経済的に説明ができるはずでもあるからネ。