トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。

核の脅威高まる中でNNNドキュメント

f:id:bookcafe911:20170917124735j:plain

北朝鮮の核開発。原爆投下から72年...。

核の脅威はかつてないほど高まっている。世界で初めて原爆が投下された広島。

その広島を訪ねる外国人で一番多いのは核投下国アメリカからの観光客。

そして平和公園原爆資料館を訪ねている。

番組は原爆資料館を訪ねたアメリカ人夫婦に密着していた。

 


被害の悲惨さの認識を広めることはもちろん、

別のマイクむけられたアメリカ人の、「トランプと、金正恩(キムジョンウン)がこの場に立つこと」
を願われていたのも印象に残っている。

 

 

 

 

 

保有国はむろん、各国のリーダーに核の脅威を知らしめなければならないだろうし、できることを。

リンク先

Download video: NNNドキュメント「なぜアメリカ人はヒロシマに?核の脅威高まる中で」林原めぐみ+20170910 2525 日曜日 日本テレビ

テキストに挟んでいた賢治の詩

テキストの数冊。(野菜作り&観葉植物の育て方)

f:id:bookcafe911:20170915172143j:plain

なにげなく、開いて、挟んでいるのを見つけては、思い出す心象風景

、地元和歌山市(マリーナから)の夏の終わりの夕暮れ。今回の記事は

完成に至らなかったと見られる宮澤賢治の詩を味わってみるのみ

となります。

 

生徒諸君に寄せる

〔断章一〕


この四ヶ年が

    わたくしにどんなに楽しかったか

わたくしは毎日を

    鳥のやうに教室でうたってくらした

誓って云ふが

    わたくしはこの仕事で

    疲れをおぼえたことはない
〔断章二〕


  (彼等はみんなわれらを去った。

   彼等にはよい遺伝と育ち

   あらゆる設備と休養と

   茲には汗と吹雪のひまの

   歪んだ時間と粗野な手引があるだけだ

   彼等は百の速力をもち

   われらは十の力を有たぬ

   何がわれらをこの暗みから救ふのか

   あらゆる労れと悩みを燃やせ

   すべてのねがひの形を変へよ)
〔断章三〕


新らしい風のやうに爽やかな星雲のやうに

透明に愉快な明日は来る

諸君よ紺いろした北上山地のある稜は

速かにその形を変じよう

野原の草は俄かに丈を倍加しよう

あらたな樹木や花の群落が
〔断章四〕


 諸君よ 紺いろの地平線が膨らみ高まるときに

 諸君はその中に没することを欲するか

 じつに諸君はその地平線に於る

 あらゆる形の山岳でなければならぬ
〔断章五〕


サキノハカ、、、

             来る

それは一つの送られた光線であり

決せられた南の風である、

諸君はこの時代に強ひられ率ゐられて

奴隷のやうに忍従することを欲するか

むしろ諸君よ 更にあらたな正しい時代をつくれ

宙宇は絶えずわれらに依って変化する

潮汐や風、

あらゆる自然の力を用ゐ尽すことから一足進んで

諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ

〔断章六〕


新らしい時代のコペルニクス

余りに重苦しい重力の法則から

この銀河系統を解き放て

 

 

新らしい時代のダーウィン

更に東洋風静観のキャレンヂャーに載って

銀河系空間の外にも至って

更にも透明に深く正しい地史と

増訂された生物学をわれらに示せ

 

 

衝動のやうにさへ行はれる

すべての農業労働を

冷く透明な解析によって

その藍いろの影といっしょに

舞踊の範囲に高めよ

 

 

素質ある諸君はたゞにこれらを刻み出すべきである

おほよそ統計に従はば

諸君のなかには少くとも百人の天才がなければならぬ

〔断章七〕


新たな詩人よ

嵐から雲から光から

新たな透明なエネルギーを得て

人と地球にとるべき形を暗示せよ

 

 

新たな時代のマルクス

これらの盲目な衝動から動く世界を

素晴しく美しい構成に変へよ

 

 

諸君はこの颯爽たる

諸君の未来圏から吹いて来る

透明な清潔な風を感じないのか
〔断章八〕


今日の歴史や地史の資料からのみ論ずるならば

われらの祖先乃至はわれらに至るまで

すべての信仰や徳性はたゞ誤解から生じたとさへ見え

しかも科学はいまだに暗く

われらに自殺と自棄のみをしか保証せぬ、

 

 

誰が誰よりどうだとか

誰の仕事がどうしたとか

そんなことを云ってゐるひまがあるのか

さあわれわれは一つになって〔以下空白〕

f:id:bookcafe911:20170915172318j:plain

 

「盲目な衝動から動く世界を

素晴しく美しい構成に変へよ」

という箇所。それと、

「すべての農業労働を

冷く透明な解析によって

その藍いろの影といっしょに

舞踊の範囲に高めよ」という部分、

こころの奥底に響いてきます。

 

農業作業に限ることなく、です。

大事なことです。 

 

かつて、読んだ宮澤賢治研究の書を、追加アップしておきます。

f:id:bookcafe911:20170915190440j:plain

悩ましい・家庭菜園

下半期はどうしよう。何つくろう。

 

ちょっと、いろいろ、多方面で忙しくなりそう。

 

菜園の世話できるだろうか。

 

できる範囲でと、上半期は計画も少し。

 

スイカはやはり、難しかったなぁ。

 

それにしても、けっこう、ミニトマトとオクラとセロリ作り甲斐があったなぁ。

f:id:bookcafe911:20170909130005j:plain

f:id:bookcafe911:20170909130030j:plain

f:id:bookcafe911:20170909130129j:plain

f:id:bookcafe911:20170909130220j:plain

f:id:bookcafe911:20170909130301j:plain

f:id:bookcafe911:20170909130338j:plain

f:id:bookcafe911:20170909130407j:plain

広告を非表示にする

カンブリア宮殿・コストコ

昨日のカンブリア宮殿で紹介されていましたよね。

 


 『安さ爆発の買い物天国!大人気“コストコ”の全貌!』 2017年9月7日(木)22:00~22:54 テレビ東京

 

f:id:bookcafe911:20170908154120j:plain

 

 

 


その貫かれているビジネスモデルの根幹を番組で知ることに。


コストコジャパンのテリオ社長からは「コストコに商品が並ぶということは大量販売に繋がるので、地元メーカーにとって大きなメリットになる」と語り、結果的に地域経済が活性化する方向にむいていると語られていた。
その戦略は、『人類は平等でなければならないし、共有すべき価値観があるはずだ』という哲学に基づく。

『品質、低価格、清潔で安全な環境を追求し続けていれば、世界中どこでも成功する』という貴社の哲学をみさせてくれましたと村上龍は振り返る。それに、コストコは、日本に進出するとき、自分たちのやり方を貫かれたことに感心。

流通界の黒船といわれ、日本のメーカーとの取引も危ぶまれた草創期も経験してのテリオ社長。

何よりコストコは「機会均等主義」を謳い、業者や会員を人種、宗教、肌の色、性的マイノリティーなどで差別することを禁止していて、同氏は従業員に対しても「全員が平等、それが我々が大切にしている価値観だ」とアピール。

従業員の採用でも差別を排除し、徹底的に機会均等を守る。コストコのビジネスは、『フェアネス』、 『公正』という普遍的な源流に支えられているとの主張。

f:id:bookcafe911:20170908154152j:plain


勤めている人も、時給がいいらしいとか、聞いたことが。

 


買物は身近なところでは「ららぽーと」なんだけれど、コストコ和泉倉庫店、このように隣接しているので、非常に買い廻りやすくてありがたいかな。

f:id:bookcafe911:20170908154252j:plain

 

カンブリア宮殿 Ryu's eye(コストコ ジャパン 社長・ケン・テリオ) - YouTube

「イクジイ」や「ソフリエ」?

f:id:bookcafe911:20170906192651j:plain


f:id:bookcafe911:20170906192554j:plain

 

 

近年、孫育てに熱心な祖父母が増え、「イクジイ」や「ソフリエ」といった言葉も使われるようになりました。

 


 核家族化が進み、増える母親の“孤育て"を防ぐためにも、「母親の心を支え、たとえ一時的にでも育児を担ってくれる祖父母の存在は、今の日本では、ますます重要になっていくのではないかと思います」と、著者の明橋大二医師は述べています。
 同時に、「娘から、『今はそんなふうにはしない』と言われた」「孫におもちゃを買うと、親から叱られる」「孫の世話を頼まれるのは、うれしい反面、疲れる」など、祖父母からの悩みも多くなっています。
 本書では、孫が幸せに育つために、大切な子育ての基本から、息子・娘夫婦と円滑につきあうためのヒントまで、子育てをサポートする立場として知っておきたいポイントを、マンガで楽しくまとめ
 授乳や離乳食、熱やケガについては、小児科医の吉崎達郎氏が、祖父母の疑問に答えています。

 

 

 

 


「祖父」と「ソムリエ」をかけ合わせた造語。孫育てがちゃんとできる祖父のこと。

 


難しい育児の話ではなく、オムツ交換、抱っこのしかた、ミルク作り、沐浴など、孫とのふれ合いが楽しめるかかわりを中心に、祖父が孫と「1日を過ごすことができる」「公園に出掛けられる」までの知識を紹介しているらしい。

 

f:id:bookcafe911:20170906192730j:plain

f:id:bookcafe911:20170906192754j:plain

 

今日のサラメシというか弁当です。

東京ブラックホール

f:id:bookcafe911:20170902220341j:plain


まあ、戦争を知らない世代は自分も含めて見ておいたほうがいい、なかなかの内容でしたよね。

日本陸軍の諜報部員は戦後、戦犯を免れるかわりに、占領政策のG2部門の下働きに使われたとか。

隠匿物資の横流し等、戦前は軍部とうまくやっていた政商が、占領下になると身替りたくましく占領軍にうまく取り入るように変質していく様等も

まあ、戦後秘史に詳しい人だと、まあ驚くに当たらない。

1947年3月の衆議院決算委員会で「日銀の地下倉庫に隠退蔵物資のダイヤモンドがあり、密かに売買されている」と発言。隠退蔵物資事件を暴露している。

世耕機関。

f:id:bookcafe911:20170902220451j:plain


それでも、これまでのドキュメンタリー手法ではないという意味では意欲的、挑戦的。

f:id:bookcafe911:20170902220534j:plain


人工知能(AI)を活用したモノクロ映像の カラー化
最新のデジタル技術を駆使した独自のドキュメンタリー


日本が戦争に敗れて得たもの失ったもの。

 気づいたこと、忘れてしまったこと。

 引き継ぐべきもの、引き継がざるべきもの。

 戦争孤児になにもしなかった政府。

 隠匿物資をヤミに流して、のし上がった政商。

それらを、目にしてなお、庶民は生き抜いてきた。

 戦争を知らない世代が如何様に、

かつての軍国主義を裁こうが、訳知顔で語られようが

生き残った、人たちのこれまでの

働きで、

ここまでたどり着いたのだと

 いう軌跡は

否定されるものではない。

f:id:bookcafe911:20170902220616j:plain

 

 

f:id:bookcafe911:20170902220655j:plain


TV番組、bsフジのプライムニュース以外は、自分の場合、

どちらかというと、NHK、見ることのほうが多いかもしれません。

サブカル風な番組もけっこう気に入ってます。

ドキュメント72時間
ダーウィンが来た

『サラメシ』

アスリートの魂

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

ブラタモリ

『SWITCH インタビュー 達人達』

『100分de名著』

『 にっぽん縦断 こころ旅』

人気紀行番組「小さな旅」

 

 

 

広告を非表示にする

道すがら振り返る特集番組

まるで、決まり文句でもあるかのように。
賢ぶった報道であるようだけれど、自分にいわせれば偏った新聞報道。

 

首相は 「加害責任」言及せず、などとの首相批判記事。いつものフレーズ。
いいかげんなもの。

軍国主義の復活を懸念するような

こと言っている中国共産党

それと同じようなこと言っている

左翼もどうかとも思うけど、

尊大な

膨れ上がる軍備拡張を

し続けているのは中国であることに

間違いもなく。


賢ぶって論評するマスコミ人よりか、


盛夏の最中、広島、原爆慰霊碑、東京日本武道館での終戦72年戦没者追悼式
に参列の安倍首相の姿みていると、
よっぽど
党派的な支持者でもないのだが、
安倍さんの肩を持ちたい心境でもある。

 

今夏のtv番組・印象に残しているものなどを

ふりかえり、話題にしながら、
夏の休暇、家族でお出かけ。
長時間のドライブ。
まずは、今夏、戦後72年。

というところから、

よかったものをピックアップ。

 

 

坪井さんと一緒にオバマ大統領とお話をされた森重昭(しげあき)さんの活動を
ドキュメンタリーで観させてくれた
「NEXT 未来のために『オバマと会った被爆者』」

それから、
NHKスペシャル樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」


それから、
 異色の外交官・千葉一夫のことを
ドラマ仕立てで再現された、NHKドラマ「返還交渉人」

などのことを。特に印象に残ったものとして推したい。

 

 

目的地に着きました。

f:id:bookcafe911:20170819121640j:plain

 

f:id:bookcafe911:20170819121717j:plain

f:id:bookcafe911:20170819121810j:plain

 

f:id:bookcafe911:20170819121848j:plain

f:id:bookcafe911:20170819121927j:plain

 訪日外国人もみかけます。

 

写真撮りましょうか?を中国語で

言ってみましょう。


「ウォゲイニーバイヂャオバー」


はいチーズ!:「チィエズー」
カメラを手にしたら日本と同じ発音です。


 更にもう一言。
笑って:「シァォイーシア」


別れ際にはぜひこの言葉をおくりましょう。

 

日本を楽しんで!「チンシンシャンリーベン」

 


日本と中国。

その間に横たわる問題は多いとしても、

日本は楽しかったという

訪日客の認識の声を

聞く機会にめぐり合わせたときは

 

 

少なくともそこには

希望らしきものを少し。