トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。

紀州徳川ゆかりの地迎賓館を歩く


 退職後の職場縁とは離れた地域縁のサークル仲間のにぎやかさも少しずつ身近に感じる年代になってきました。
「この歳でも働かなけりゃならない事情があるんですよ。」自嘲めいた御老人の発言を耳にすることも。
でも、ひとが言う(鼻につくという人)からは、想像するに自慢話をきかされるのがおちだと思えるのですが、「事情があるんですよ。」と自嘲めいた御老人からならば

もっと聞いてみたい何かが詰まっているようでいて、いくつもの甲羅を背負って生きてきたように見える、ご老人のほうが余計、謎めいて魅力めいて瞼に浮かんでくることもあります。

職場の縁。住んでいる地域の縁。親戚縁。血縁。
飲み友達。それ以外なにがあるだろうか。

カルチァスクール縁。スポーツジム縁。太極拳の縁。清掃ボランティアでの縁。おやじバンドの真似事の縁。等々、その他にも、空き家問題解消にデスカッションの縁。
ミュージカルや映画を鑑賞する仲間の縁、とかさらに想像をめぐらしてみれば、ありそうなところとして、
人形劇、手話のボランティアの縁。通訳ガイド仲間。バス旅行ツアー仲間。ある音楽バンドの追いかけ仲間。
防災士や語学習得仲間。ひとり農園、あぐり塾の真似事仲間、等々。
趣味サークル縁。
なんらかの、袖振り合うも他生の縁、これが有縁社会ということになるだろうか。縁を大事にする過ごし方。
無縁社会の対局にあたる言葉として有縁社会というとらまえかたが浮かんでくる。

地方の良さもありますが、都会の良さも感じています。

地方の場合は他人への干渉がネチネチっとしていただけない面は確かにあるかもしれないと。
その点、「都会の匿名性」というのも居心地はよいだろうなと。

あっしには関わりなく、というところは確かに見受けられますが、極端な無縁社会さえ避ければ、過ごし易いものです。


都会のいいところ、今は、その空気を感じながら、訪ねたかった、紀州徳川ゆかりの地を散策していきます。


無縁社会という言葉に対する言葉をさらに、考えていく。縁を感じながらの生き方。
歴史、読書サークル縁。はたまた、こころざしを同じくする縁。

 

 


晴天に恵まれた公共のビル街をすぎてゆきます。

四ツ谷駅下車。赤坂離宮、迎賓館。

持ち物検査を受けて、入館します。

 

館内、ラッキーにも一般公開期間に当たるということで普段は入れない本庁舎への、見学も許されていました。

f:id:bookcafe911:20170619140021j:plain

f:id:bookcafe911:20170619140114j:plain

f:id:bookcafe911:20170619140155j:plain

f:id:bookcafe911:20170619140222j:plain

f:id:bookcafe911:20170619140257j:plain

f:id:bookcafe911:20170619140321j:plain

f:id:bookcafe911:20170619141335j:plain

f:id:bookcafe911:20170619141415j:plain

太宰「走れメロス」と都議選



メロスは起き上がり、走り始めた。メロスは走りに走り、いよいよ今にもセリヌンティウスの刑が執行されようとしている刑場に着いた。メロスは間に合ったのである。 メロスは友を一瞬なりとも裏切ろうとしたことを恥じた。
 選挙ということで、投票をまえにして、各党党首の走りを報道で見ながら、なぜか、文芸作品の古典、「走れメロス」を。
 有権者への訴え、支持を叫ぶ各候補。走り回る姿はメロスでもあるけれど、投開票の瞬間はセリヌンティウスの心境でもあるわけだ。
 彼が、信ずる、一票、一票は、まさに、間に合うかどうかなのだ。
 期日前にしろ、当日投票にしろ足を運ぶ、有権者の一人、一人が今度はメロスの側なのだ。

 太宰治の友人であった檀一雄は「走れメロス」を読むと熱海事件を思い出したという。<待つ方がつらいか、それとも待たせる方がつらいか>
 「走れメロス」のこの作品を生んだ背景には金詰まりに困っていた笑うに笑えないような太宰の可笑しい実人生も反映しているのだが。

 優柔不断の太宰。人間の信頼と友情をテーマにした、爽やかで感動的 な物語。だけれども、ともすれば「くさい」と言われかねないテーマ。
 何回となく読むと、太宰の嘆きに似た声が聞こえてきそうである。
 社会不信、ともすれば、人間不信に陥りやすい太宰が、そうじゃないだろうと、自身を鼓舞するつもりで描いた作品が「走れメロス」ではなかっただろうかとも受け取れるのだ。
 「人間失格」という作品筆頭に人間の負の面を描いた作品のほうが評価の高いのが太宰作品の特徴だ。
 弱さや、卑怯さ、悪徳が描かれているほどに作品に魅せられてしまう要素はある。だからこそ、彼の作品群のなかにある、この一作「走れメロス」はまぶしくもある。

伊東マンショ

f:id:bookcafe911:20170615141429j:plain

f:id:bookcafe911:20170615141503j:plain

 


いまでいう高校生ぐらいの年齢でしょうね。
後半の人生はどのようなものだったろうと。
伊東マンショ含め、島国日本の自分たち少年が、異国であれほどの歓待をうけた若き日の出来事が、
まるで、夢であったのかと、思われるような帰国後の国情の変化。豊臣秀吉が出した「伴天連追放令
追放令飛び交う弾圧下にこころは穏やかではなかったろうと。
以前NHK「歴史秘話ヒストリア」でみた高山右近キリシタン大名のこともおもいだしたりと。


自分はキリスト信仰者ではありませんが、

イタリア共和国東京富士美術館の協定で実現されたこのような企画展に重みを感じています。


異なる文化的背景をもちながらも美を求めて、ふれ合いの感じられる輪の広がることの
大切さを感じて
博物館をあとに。


その関西展、兵庫・神戸市立博物館で開幕しています。 ~7月17日まで

f:id:bookcafe911:20170615141530j:plain

広告を非表示にする

クリスハート コンサート in和歌山

f:id:bookcafe911:20170503104421j:plain

 

GW、もう予定の決まっている場合も、そうでない場合も。

家族で過ごすことに決めている場合もそうでない場合も。

仕事の人も、Offの人も。

多忙な間隙の体験でこそ、思い出になるということはおおいに強調してもいいすぎることはない。

そういう意味では購入していたチケット。

4月30日のコンサートは印象に残している。

結婚、子供の誕生、クリスの実人生も歌の合間に披瀝され、

アメリカから日本に来て、日本国籍を取得されたことが語られていく。

 

よかったですよ。クリスハートin和歌山市民会館。47都道府県を巡るコンサートツアー。

なごり雪、私が生まれてきた訳。糸。数々のカバー曲も折り込まれた2時間半のステージ。

f:id:bookcafe911:20170503104438j:plain

 

 

高津子山・展望台

f:id:bookcafe911:20170402200346j:plain

和歌浦の小高い高津子山。ちょっとした散策コース。

派手さはないけれど、気に入っています。

花見には少々、早すぎたかな。まだつぼみ状態の桜でした。

でもここからの海の眺めは間違いなくすばらしい。

 

 

f:id:bookcafe911:20170402200432j:plain

広告を非表示にする

街おこしイベント・孫市まつり2017

信長を脅かせた雑賀衆の甲冑行列。

そこに、老若男女のおもてなし精神をみました。

f:id:bookcafe911:20170326171428j:plain

f:id:bookcafe911:20170326171459j:plain

f:id:bookcafe911:20170326171515j:plain

f:id:bookcafe911:20170326171531j:plain

大阪・長居植物園

ワーク・ライフ・バランス

都会の喧騒を離れて、大阪・長居公園の植物園に。

f:id:bookcafe911:20170319230632j:plain

 

忘れ得ぬ出会いと誓い。

 

f:id:bookcafe911:20170319230654j:plain

f:id:bookcafe911:20170319230721j:plain

f:id:bookcafe911:20170319230746j:plain

広告を非表示にする