トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。

オルテガ・ィ・ガセット

大衆の病理を説いた社会学者のオルテガの言説をたまにはひもといてみます。

f:id:bookcafe911:20170817221834j:plain

彼の著作で、有名なところでは、「大衆の反逆」

このタイトルみて、考え違いを起こしてもらってもこまるのですが、もし、よい大衆が悪い権力を倒すというようなイメージでとらえられたのなら、それは大間違いです。

f:id:bookcafe911:20170817221852j:plain

真意は愚かなる大衆の充満が慢心することの恐ろしさを警告している書だからです。

現代、読んでも今を皮肉ってるふうな感覚にさせられるところもあります。

 

先人の尊いところを、見失うさまを難破船にたとえて、

ただ漂う大衆にならないようにと、諭されているのが、読み進むうちにわかってきます。

他のおススメの書も含めて。

【関連Myブログ過去記事】遺影の中の愛犬ートトヤン

f:id:bookcafe911:20170817221935j:plain

f:id:bookcafe911:20170817222008j:plain

パンダに想う

f:id:bookcafe911:20170817155312j:plain

話題の赤ちゃんパンダは、県内に住んでいながら時間もなくまだ観れていません。

 

 

f:id:bookcafe911:20170817155358j:plain


しかし、ニュースで知った、パンダ列車のことなら、

ひょっとして撮れるかもしれないとカメラ常備して構えて撮った一枚。

紀勢線黒潮

白浜への、アクセスとしては、そのほかに空路として白浜空港が。

f:id:bookcafe911:20170817155504j:plain


夏の休暇で戻ってきた子供らにとっては、イルカショーを見に過ごした夏の思い出は遠い遠い記憶の中で、

パンダの話題のほうも彼らに近しいのは白浜ではなくすでに上野動物園にあるようだ。

f:id:bookcafe911:20170817155552j:plain


まあ、円満にその土地に根を生やしてくれればそれにこしたことはない。

 

帰省してきた家族も、また、あわただしくもどっていく。


四文字熟語。華僑の言葉から学んだ「落地生根」ってのをしみじみ想い浮かべてみる。

 

広告を非表示にする

人道の港 敦賀

f:id:bookcafe911:20170813163502j:plain

過去の夏に訪れた小旅行先。

中央アルプスとかの山岳コースでもなく、海水浴キャンプ先でもなく、どちらかというとダークツーリズムっぽい行先。

人道の港 敦賀 ムゼウムのほうに行ってみることに。杉原千畝記念館岐阜県八百津町) のほうは、また、機会があればということで、そのときは敦賀に。


資料館で、映像を通して学ぶことも。

カウナス駅で「スギハラ。私たちはあなたを忘れません。もう一度あなたにお会いしますよ」と叫んだかつての青年は、新生イスラエルの参事官となって、杉原氏を探し求め、会いにきたという一コマ。


ニシュリというユダヤ人が、杉原氏を訪ねてきます。ニシュリ氏は、命のビザで助かった6,000人のうちの一人で、28年間杉原氏を探し続け、ようやくその消息をつかんで訪ねてきたのです。

杉原氏に会ったニシュリ氏は、「私を覚えていますか」と問いかけますが、杉原氏は、彼が誰だか分かりません。2,000人ものユダヤ人へのビザを書き続けた杉原氏が、彼のことを覚えていないのも無理はありません。

ニシュリ氏は、涙を流しながら、ぼろぼろになった紙片を取りだし、「あなたは私を忘れてしまったが、私たちは片時たりともあなたのことを忘れたことはありません。28年間、あなたを探し続け、やっと会うことができました」と言って、杉原氏の手を固く握りしめます。

ぼろぼろの紙片は、杉原氏が28年前に、ニシュリ氏に発給したビザだったのです。

 

 

ユダヤ難民の窮状を救った、杉原も偉いもんだと思いましたが、オランダの領事ヤン・ツバルテンディクの勇気ある決断にも。

もし彼の決断がなければ、杉原氏がビザを発給することは不可能だったでしょうから。


それに、大事なのは敦賀の無名の人々の温かい迎え入れと善意にも支えられて、こうしたユダヤ難民の逃避行が滞りなく行われたこと。

これは、記念館の展示資料で知ることになりました。


過去の夏の小旅行を振り返りました。

【関連検索キーワード】キュラソービザ

f:id:bookcafe911:20170813163534j:plain

 

f:id:bookcafe911:20170813163612j:plain

広告を非表示にする

政党観・世代で「断層」

f:id:bookcafe911:20170811163246j:plain

「政党観」世代断層

若い世代にもみられる既存政党認識。


世代によって、保守とリベラルの認識に違いが出ているという
紙面の内容は
これは、常々、自身も感じていた点でもあり、活字をおってみて、
より認識させられたというところはあるのだ。

既存政党全体を保守と分類する、若い世代の感覚もわかるような気がするのだ。
リベラルって、紙面で言葉の定義にまでは踏み込んではいなかったけれど、

改革と保守という単純図式でとらまえないほうがいいようだ。

共産、公明といったところが保守で、維新がリベラルだとのとらまえ方。

これは面白かった。

しかし、70歳代の大方の認識では自民公明、維新を保守ととらえている。

自分と同じ世代の政党観認識はというと、示された調査結果は予想されたとおりで、一回り上の70歳代の認識とのブレは少ない。

自分の政党観はこれらの示された調査結果とは合致するものではなかったけれど、調査自体はうなずけるって感じ。

新しい政党ということでは既存政党に魅力を失ってしまった層の反動として、維新に着目がいくという意味では

若者の維新選択は今でいうところの小池百合子旋風と相通ずるところがある。

都知事になった小池さんのミニモデルは
あの橋下徹であったし、それ以前に、自民党をぶっこわしてでもと登場してきた小泉さんにその源流らしきものが見受けられようと
する分析もあるくらいだ。

だから、当事者間では肯定はしないにしろ、旧政党に活を入れてくれるという意味でリベラル勢力というなら
そこに維新もという位置づけでなら、そのような選択をする図式は理解できるのだ。

でも、これからの政党観っていうのも従来の延長どころか、今の調査結果さえ

変動していくような気もしている。細野豪志民進党離党さわぎ。

今頃という感想なんだけれど。自民公明、維新はわかるけれど、民進の位置づけは?どうなんだろうと。全く注目もしていないのに。

政界再編の大きな動きのように、マスコミは取り上げたりしてるんだけれど、もし、
この離党理由を明確に語って、掲げる理想に近しいところに動くというのであればそれもありだろうなあと。

過去の自身の例でいえば、投票行動で、新進党が懐かしく思い返すことがあるくらいか。あのときは、政権交代の受け皿として自民の一部を取り込んだ公明、含む野党結集。

あれから、何年たつことだろう。

憲法改正論議戦後レジームからの脱却、
昨今こういっつた一連のテーマなんかが俎上にのぼって来ていることを考えれば論議すること自体に後ろ向きという政党があるなら、その
ことも含めて、新しい世代の中から、護憲ばかりを只々叫んでいるような政党は見向きもされないというふうなこともあるかもしれないなあと。

先に長島昭久議員なんかもそうだけれど、共産党共闘するような党になりさがった民主党(民進)なんかにはいるつもりはないと言っていたっけ。そういうことで話題にのぼることがおおいのが民進。

これは若い世代だけの感覚っていうものでもなく、そういう層は世代を超えて、いるわけだから。

リベラル勢力っていうのもこういうのも含めて、今後は語られてくることも自身の場合は期待している部分もあるのだ。
日米安保自衛隊、片や、廃棄、違憲だなんて言っていて、国の根本政策、外交安全保障、の政策不一致で、政権奪還をともに目指してますって、
それ、有権者、舐めてんのって、言う人だっているかもしれないでしょう。言うのが普通だとも思えるのですが、これら、一つ一つのテーマが、ひるがえって
政党をふるいにかけ、その後の政界再編をうながしていくのかもしれないなあと。

しかし、人間、主義、主張だけでうごくとは限らないところがあるからややこしい。
すでに都議選でそういうことはあらかた見てしまっている、都民ファーストに流れ込んで当選した議員の14名は元民進党所属だった議員で、自身の看板、民進のままでなら負ける、
勝てないという判断からだろうか、さっさと民進の看板棄て去って、小池新党に鞍替えした議員。お笑いだなあと。

国会追及の急せんぼうの最中に、そういうのを見てしまっている。これなんかは主義主張に準じるというよりは、まさしく、姑息というか、寄らば大樹、風任せ。選ぶほうの有権者は正確にどこまでそこらへんのことをみて投票しているのだろうか。支持するほうもされるほうも

大衆迎合ポピュリズムもいいところ。

民主主義は誰しも否定しないけれど、戦後すべてが、授かったものだと、短絡的に思い込んでいる議員もいるからややこしい。

守るべきものと改革さるべきものの棲み分けの大事さ。
その意味では自身の気持ちとしては、案外、聞くところ、聴いていると保守なん?って問われたりするほうが多くて、まあ、そう思われて嫌な感じはしないが
それでもストンとこころに落ち着くところもあったりしているばかりでもない複雑な心境で、紙面を概観、読み終える。

 

 

憲法論議がもし始まるなら、各党がそれぞれに明確に主張、考えを表明することが肝心なところだろう。

どこかの党は、まず与党案が示されるべきが最初だとか言っていたっけ。

なんでも、出されたものに、いちゃもんをつけねらっている側の常套句でもあるように。

でも、こんな大事なこと、それぞれの政党が持ち寄ることが大事であって、与党、野党という色分けが先にあるわけでもなし。

例えば、

日米安保反対とか、自衛隊違憲などと主張する政党のほうからは、

それに替わる安全保障策とか、自衛隊、日米同盟がいやなら、それにとって代わる案なりを示されたという話も聞いたためしもなし。

不磨の大典でもなし。

改正論議、おおいに結構。

それぞれの必要、不必要の話というものを聞きたいものだ。

与党をささえる公明のほうからは、改正議論には現政権のやらなければならないという緊急課題でもないとの発言も。

 

遠山清彦議員だったろうか。

イタリアの例にならなければという危惧を番組日曜討論で。

つまり、憲法の問題は成熟な議論が。ということで、自国に置き換えてみれば、これが、冷静な中に進んでいけばいいのだろうけれど、

純化された、ちかくは、安倍信任、不信任という図式に、国民投票

なってしまうことがないようにという心配を。

 

それは、そのとおりかなあと。

一部メディアの歪な安倍像の拡散も見受けられる中。

まあ、国民、有権者の広くはそこまでの意識ないのかも。

象徴天皇制

戦後の象徴天皇制

仮に河井がいなくとも同じ結果になった可能性は高い。
それでも、彼女は戦後の象徴天皇制へ、レールを敷いた一人に違いない。

天皇戦争犯罪人から救出したフェラーズ准将。
アラーム大学で、日本から留学していた渡辺ゆりと知り合い、
それから、日本と関わり続けた。
元宮内次官・関屋貞三郎と河井とのつながりも決め手に。


マッカーサー。フェラーズ。河井道。

f:id:bookcafe911:20170810171212j:plain

 


「他人の秘密を守れる人になりなさい」

「他人のうわさをするときは、その人のさす人差し指以外のすべての指は、お前はどうなのだと、自分自身に向いていると思いなさい」

「喜ぶ者とともに喜びなさい」


河井道の言葉。

 

f:id:bookcafe911:20170810171317j:plain

ノンフィクション作家の岡本嗣郎の作品
「陛下をお救いなさいまし」より。

抜粋として以下の数行も。

「世の中にはクリスチャンでなくても立派な人がたくさんいますが、そのことについて先生はどう思われますか」
「そのとおりです。でもその方たちがクリスチャンになったら、もっと素晴らしくなられるでしょう」


信じる宗教はそれぞれに、宗教は違えども似たような質問を投げかける人はどの世界にもいるということの証かもしれない。

 

「僕たちは、妙の照覧」
キリスト者は天のご加護を」

似ている部分と、そうでない部分
学生当時の青っぽい議論を思い出している。君はどう思う。


「神概念が違うよね」
「そうだね。僕たちは、諸天善神」
「あちらさんは、唯一絶対神
「創造主にぬかずく訳でもあるキリスト者と違って」
「僕たちの仏法は主体はあくまで、内在する、仏性が決め手だよね。」

「そうだよね、主体的な因を起こすところから、客体である天の加護が顕われてくる。」

「だから、おすがり信仰とはいえない部分、本因妙のところが問われてくる」

 

仲間内でもまれな彼との会話。

会話はつきない。

学生の時も、彼とはそうだった。
同窓の集い。やれやれ。君らは好きだなあ。

彼がトルストイ三浦綾子の作品から引用すれば、文学を引き合いに出すのならば、自分の場合は、ドストエフスキーや、漱石などを。


公民権運動もアパルトヘイトも乗り越えてきたはずの人類なのに、核の脅威を前にどう人々は向き合おうとするのか。

フェラーズの主張するところ。人類の自滅は、フェラーズの持論である人間に対する悲観論にあるとする。
「それを乗り越える方法があるとすれば、人間の精神面における宗教的再生しかない。」このあたりが河井と意気投合する信仰によるイデオロギーの共通性だったのかもしれない。

f:id:bookcafe911:20170810171509j:plain

画像は2011年、8月6日、訪れて撮影。

 

違いを乗り越え、共通の利益を意識する呼びかけを、日本から、

願う。

 

 

 

広告を非表示にする

おどるんやinマリーナ

f:id:bookcafe911:20170730183255j:plain

 

 

 

踊ってる人も見ている人も 楽しいです。

f:id:bookcafe911:20170730183455j:plain

 

f:id:bookcafe911:20170730183522j:plain

暑かったわ

『黄砂の籠城』今夏、読み始めます

f:id:bookcafe911:20170729151710j:plain

会津藩出身の家系の柴五郎。

登場人物の時代背景は義和団事件

かねがね興味ある領域。

歴史上の人物であるだけに、手に取ってみた。

人物像についてはすこしく関心が。

坂の上の雲』人物列伝は既読書だけれど、その時に気に留めた

人物のひとりが柴五郎でもある。

 

 

時代的にも興味が。会津系ということで、

大河ドラマであった「八重の桜」なんかも、面白く拝見していたくち。

(時間的にはほとんど録画再生なんですが)

 

まあ、このような見方する部類もすくないと、思うんだけれど、自分の場合は

維新政府の薩長派閥を当時の民主党政権に見立てて、その瓦解後の

改革の歩を旧幕臣の自公議員の幾人かに重ね合わせてもいた。

 そんなわけで、

薩長派閥幅効かせる中に旧幕臣方の会津の八重の活躍なんかを現代状況に引き合わせるように

視聴していたっけ。

 

また、この小説、『黄砂の籠城』も、史実の人物が描かれていくというのは面白い要素なんですが、

現代に照らしても大事な点を振り返らせてくれそうな予感が。そういう意味でも興味津々。

 

欧米のキリスト教徒とともに閉じ込められてしまった籠城状態。

その窮状を、救出にもっとも果敢に戦った日本人として、知るところは知られているというか。

新しいところでは

ハリウッド映画の「北京の55日」なんかでも勇敢に描かれているんだとか。

 

この籠城戦での柴中佐と日本人の姿に

欧米人の敬意と尊敬の眼差しが集まってくるというのが、まさしく歴史の一端なのですが。

 例えば日本に理解を示していくタイムズ記者モリソンとか。

 それに日英関係にも反映していく。

 

 

 

松岡圭佑のこの作品

どう描かれてるのか。

作品『黄砂の籠城』が楽しみです。