トトヤンの家庭菜園

小旅行、読書、TV番組感想、政治への関心、家庭菜園のブログです。(和歌山県)

俳優・津川雅彦のことを

安倍首相にエールを送り続けた津川のことを

振り返る

(ピックアップ画像)

f:id:bookcafe911:20181125205057j:plain

 

f:id:bookcafe911:20181125205146j:plain

f:id:bookcafe911:20181125205238j:plain

f:id:bookcafe911:20181125205336j:plain

f:id:bookcafe911:20181125205415j:plain

 

 

それから、安倍首相に関して


今は野党もマスコミも表立って評価する人は少ないですが、20年後には誰もが評価する(せざるを得ない)業績に。
そのことは、間違いないと言って、差し支えないのではと。

それは安倍外交の日・EUのEPAとTPP。
世界貿易額の37% を占める 日本とEUのEPA 承認案を閣議決定

ここ最近の政治経済ニュースからの注目してみた内容。

 

f:id:bookcafe911:20181125205526j:plain


日欧EPA署名されてからの安倍首相の手腕を英米紙が評価
 国内改革と対米交渉を有利に


それに加えて
長部 重康 (おさべ しげやす)
           (法政大学 名誉教授)

『高まる日本の外交力に期待

メルケル後の欧州政治は何処に向かうのか』


2018年11月24日の記事を読み終えて。


保護主義と分断の世界的傾向の最中、
対立をどう乗り越えていくのかというところで、
メルケル独首相、引退後は
多国間合意の旗振り役としてその牽引役を  安倍首相

日本に期待するようなむきも、それは強くあるということでしょうね。

特にEUと米国トランプとの関係悪化。摩擦をすでに引き起こしている。
その余波も手伝ってのことなのか。


日欧EPAのほうは来年2月に発効の見通し。

過去の大阪万博

f:id:bookcafe911:20181123205106j:plain

過去の大阪万博

日本人の2人に1人が訪れたという
らしく。

史上最大のEXPOだったと
いわれていることは、後に知ることになる。

中学生の自分は、

物珍しく、

混雑の人ごみの中を歩き回っていた。


その当時の世相を少しく振り返ってみようかと。

順不同ながら、思い起こすとこから。

1970年は色々と物騒ぎな年でもあったはず。

日本が受けた衝撃。
三島由紀夫自決、もそのひとつ。

昭和45年11月25日 。日付だけは覚えている。


前後して日本初のハイジャック事件となる「よど号ハイジャック事件」。1970 年(昭和 45 年)3 月 31 日。らしい。

その前年
1969年 - 人類、月に立つ
記憶に残るところは、月面に降り立ったアームストロング船長の有名な言葉。

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である。」と。


大阪万博のテーマ。たしか、進歩と調和。


確かにアメリカ館にはその月の石が展示されていた。


身近に、明るい未来の予感を感じさせるものは、そのことだけでなしに、

各パビリオンに多くの賑わいを呈していたこと、そのものだ。

パビリオン入館を通じての

世界の人、街、文化、技術革新の

展示の数々。食のブースも含めて

平和であれこそというところを満喫。

何故って、
それはニュース報道からだけにしても、
まだ、ベトナム戦争は続いていたし、
文化大革命とか、
プラハの春と後に呼ばれるような、政変も耳にしてきていた。

月に人間が到着しようが、地球上での紛争は、色々と続いていたからだ。


そのことを、考えれば、日本の経済急成長と相まって、

テーマにもあったように、進歩と

共に調和ということも追うように

日本は先を

進んでいるんだという

晴れがましい、

気持ちにもさせてくれていたなあと。

そんな当時の世相だったことを。

さて、2025年は、どこに。なるのだろうか。

 

 

 

オーストラリアでの安倍首相

f:id:bookcafe911:20181117175116j:plain

オーストラリア北部ダーウィンで、慰霊碑に供える花を受け取る安倍晋三首相とスコット・モリソン豪首相(2018年11月16日)。


安倍首相、旧日本軍空襲の豪ダーウィン訪問 慰霊碑に献花

 

 

オーストラリア関連

参照することが多いです。

日豪プロジェクト

 

カウラと日本の交流

和解と平和への誓い

シドニー湾攻撃の

旧日本海軍潜水艦  海底から発見、豪海軍主催による慰霊祭

カウラ事件、ドラマ化等

記憶に残る事柄